Home > EXHIBITIONS > Group Exhibitions > コレクション3 「あなたの肖像―工藤哲巳回顧展」にちなんで―1960年代の「反芸術」から、今日の芸術まで

Exhibitions

コレクション3 「あなたの肖像―工藤哲巳回顧展」にちなんで―1960年代の「反芸術」から、今日の芸術まで

会期:2013/11/02~2014/01/19

会場:国立国際美術館

出品作品:《抗生物質と子音に挟まれたアインシュタイン》《ワックスマンの胸》《オパーリン博士の祈り》《肖像No.1》 以上4点



 

「あなたの肖像―工藤哲巳回顧展」の開催にあわせ、工藤が活躍した同時代の国内外の作家を紹介すると同時に、工藤に以前から関心を示してきたアメリカ西海岸の作家の作品を展示します。

 1章の3部屋では、工藤初期のアンフォルメル風絵画と対比できる具体美術協会の白髪一雄と元永定正の絵画、読売アンデパンダン展などで工藤ととも に活躍した、篠原有司男、菊畑茂久馬、高松次郎、中西夏之、荒川修作、田中信太郎、三木富雄、岡崎和郎ら、いわゆる「反芸術」の動向をご覧いただきます。 さらに工藤と同時期に挑発的なハプニングと男根状の詰め物によるソフト・スカルプチャーによって、1950年代後半よりアメリカで注目されていた草間彌生 を紹介します。

 2章では、工藤がパリに渡った1962年以降に交流のあったフランスの作家たち(アルマン、ジャン=ピエール・レイノー、ニキ・ド・サンファール、ジェ ラール・ティトゥス=カルメル)、同時代に花開いたアメリカのポップ・アート(アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、ロバート・ラウシェンバー グ、ロイ・リキテンスタイン)を紹介します。

 3章では、工藤の作品やハプニングに早くから興味を示してきたアメリカ西海岸を拠点として活躍する二作家をご紹介します。ポール・マッカーシーと マイク・ケリー(2012年に急逝)は、いずれもエキセントリックなパフォーマンスや映像、インスタレーションで知られる作家です。彼らが工藤のどのよう な点に関心を示してきたのか、興味は尽きません。

(美術館ホームページより)

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS