Home > WORKS > Thoughts > Books witten by A+G > ヘレン・ケラーまたは荒川修作

Thoughts

SKMBT_C25013081210220_11のコピー1

ヘレン・ケラーまたは荒川修作

著者:マドリン・ギンズ

監訳:渡部桃子

サイズ:A5版、ハードカバー

出版社:新書館

発売年:2010年

言語:日本語

 

 

目次

第1章 思考する場

第2章 「知覚は 身体を持たねばならない!」

第3章 実在性の 最初の 小さなレンガ

第4章 わたしのために ダイアグラムを描いてください

第5章 形状の仮面 あるいは断続的に開閉する深い穴

第6章 わたしからわたしへ、あるいは東から東へ

第7章 透けて見える風景

第8章 わたしを文字通り/逐語的に死なせないでください

第9章 すべての千年紀は新生児である

第10章 時空とは何か

第11章 見つめている他者

第12章 エラー

第13章 ふと聞こえてくる形状たち、あるいは回廊たち

第14章 ヘレン・ケラーの署名の中に見えるアラカワの線

第15章 どんな大きさのミステイクか

第16章 あるいは山たち、あるいは線たち

第17章 線は亀裂

第18章 山から 様々なものが群生する虚空へとむかった 彼を ささえてくれるはずだったものは なかった

第19章 ポイント・ブランクにおける 距離の テクスチャー

第20章 差異

第21章 鳥たち

第22章 濃淡の綾

第23章 ニュートラルなグラフォスの子ども、あるいは恐竜的ファクター

第24章 名なしの共有-共用ノート

第25章 勇者の光

第26章 他動性の行進

第27章 どこで何が起こったのか?

第28章 惑星の形成を形成

第29章 批判する浜辺

典拠

『ヘレン・ケラーまたは荒川修作』はこう読める、あるいは訳者あとがき 渡部桃子

解説 自分は死なないということ-荒川修作という門を入る 三浦雅士

作品リスト