Home > WORKS > Architecture > 志段味循環型モデル住宅

ARCHITECTURE

  • 13
  • 07
  • 10

志段味循環型モデル住宅

志段味資源循環モデル住宅は、愛・地球博(平成17年3月~)開催に合わせて、名古屋市と名古屋市住宅供給公社が荒川修作+マドリン・ギンズの構想をもとに建設しているものです。設計・施工は、公募型企業開発提案方式で選定された徳倉建設株式会社が行っています。

 

住宅は平屋1棟と2階建て3棟をデッキで接続し、なだらかな起状をつけた敷地中央に共同スペースを設けてコミュニティー形成を図っています。ここは荒川+ギンズの提唱する天命反転住宅と環境首都を目指す名古屋市にふさわしい環境配慮に対する取り組みがひとつになった循環型タウンハウスです。

 

愛・地球博の開催期間中(平成17年3月~平成17年9月)には、住居の内部見学や短期居住体験を行いました。

 

詳細

志段味循環型モデル住宅(現 シティーファミリー志段味)

竣工:2005年

所在地:名古屋市守山区大字下志段味字南荒田

構造・階数:鉄筋コンクリート造2階建

戸数:7戸

住居タイプ:2LDK