Home > EXHIBITIONS > Solo Exhibitions > 荒川修作生誕74周年記念 「砂の器」修復報告+養老天命反転地ドローイング展

Exhibitions

荒川修作生誕74周年記念 「砂の器」修復報告+養老天命反転地ドローイング展

ag3

 

会期:2010/07/06~2010/08/07

会場:ギャラリー・アートアンリミテッド

出品作品:「砂の器」ほか



 

7月6日よりギャラリー・アートアンリミテッド(東京・乃木坂)にて、『「砂の器」修復報告+養老天命反転地ドローイング』展を開催いたします。

 

「死なないための葬送…荒川修作初期作品展」(国立国際美術館)で第2回ネオダダ展以来約50年ぶりに公開された「砂の器」。この作品は森田恒之氏(国立民族博物館名誉教授)が保存科学の見地から監修し、秋山工房の協力の元、修復が完成したものです。今回の展示では修復の様子も詳細にわたりレポートいたします。

 

同時に展示をいたします一連の養老天命反転地ドローイングは、荒川+ギンズが養老天命反転地の構想段階から描き上げていたものであり、建築プロジェクト完成までのプロセスを知る貴重な作品です。

 

6月末に会期終了を迎えた国立国際美術館と京都工芸繊維大学美術工芸資料館での2つの展覧会は多くの反響をいただきました。この度の展示ではまた別の角度から荒川修作の創作活動の初期作品~建築作品への歩みをご覧頂ける機会です。

 

荒川修作は突然2010年5月19日に旅立ちました。その死は余りに衝撃的で重過ぎるものですが、荒川には単なる追悼や回顧はふさわしくありません。

「死なないために」と問い続けたアラカワ+ギンズは、今も世界の多くの人々に影響を与え続けています。

アートアンリミテッドでは、(株)ABRF 荒川+ギンズ 東京事務所と協力し、このほど修復完成した最初期の「砂の器」(1960年ネオダダ第2回展に出品)の修復報告と、アラカワ+ギンズの傑作と言われる「養老天命反転地」(岐阜)のための素描20点を展覧します。

アラカワの構想のための自筆メモがちりばめられた素描は、作家の創造の過程を窺い知る貴重な作品となっています。(ギャラリー・ホームページより)

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS