Home > Distraction Series > Distraction Series 16: 宮崎駿監督とアラカワ

Distraction Series 16: 宮崎駿監督とアラカワ

 

Distraction Series 16: 宮崎駿監督とアラカワ

 

Arakawa and Miyazaki_01_c

 

宮崎駿さんと荒川修作、三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラーにて, 撮影:本間桃世, 2005年

 

 

Distraction Series 16では、“アーカイブ資料から読み解くArakawa/Ginsの交友関係”(仮題、シリーズ化検討中)より、まず初回はアニメ監督の宮崎駿さんとアラカワについてご紹介しましょう。

 

アニメーション映画に詳しくない方も、スタジオジブリの「となりのトトロ」(My Neighbor Totoro, 1988)や「千と千尋の神隠し」(Spirited Away, 2001)などのヒット作はタイトルを聞いたことがあると思います。

その監督である宮崎駿氏とアラカワの交友関係は意外にもあまり知られていませんが、宮崎氏が養老天命反転地を訪れたことをきっかけに、公の場での対談はもちろん、プライヴェートでも互いの事務所を訪ねては対話を繰り返してきました。ときにはそれぞれが次の予定をキャンセルして話し込むこともあり、その様子はまるで二人の少年がこれから作る理想の秘密基地について興奮して話しているかのようでした。

 

 

9b09155a6ac209ce5ea7b670a4207248

 

凸凹の床の上でくつろぐ宮崎駿さん 三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラーにて, 撮影:本間 桃世, 2005年

 

 

建築すること、について二人が語っている印象的な会話があります:

 

宮崎:―荒川さんの街は、とても面白い。近代建築がやろうとしたことの全部裏を行ってる。〈中略〉僕は、荒川さんの今回のプラン(*Sensorium City)を見た瞬間に、これが実現したら、21世紀に向けて日本という国が真面目に未来を考えていることの一つの証拠になると思った。だから、ぜひ実現させたい。

 

荒川:―あなたが建築家なんですよ(笑)〈中略〉風景を建設し、ビルディングを建てて、そこに人が住む。しかし、それはまだ建築にはほど遠い。「建築する」とは、新しい生命をつくりあげることなんです。あなたの映画の中ではいろんな出来事が起こるでしょう。あれが生命をつくっていくんですよ。事実、あなたはもうつくっているんです。

 

(月刊アドバタイジング6月号(No.504), 1998、『Talk Show 「宿命反転都市」建設に向けて – 東京に21世紀のNYをつくろう!)より抜粋)

 

 

13c8d7f45111ebe08548731f63375c06

 

荒川修作+マドリン・ギンズ 《東京の新しい都市風景=鎮守の森のような街(聖地としての生活空間)》, city plan proposal, digital rendering, 1998年

 

 

そして、宮崎氏の想いをスタジオジブリが2001年に完成させた建築が三鷹の森ジブリ美術館です。訪れた人たちが身体・五感を使ってそれぞれゆっくりと過ごしてほしい、と開館当時から今も完全予約制の美術館です。

 

その4年後にアラカワはギンズとともに長年の構想であった「三鷹天命反転住宅In Memory of Helen Keller」を完成させました。こちらはまさに「身体を中心とする建築」をコンセプトとした「死なないための建築」を提唱し、住宅とはいえやはり予約制で見学することができます。

 

 

f8695f0a14a8460853d1bf49801c8dbf

 

三鷹の森ジブリ美術館 外観, © Museo d'Arte Ghibli

 

 

7d2d1b19369ae646cb1a80e341c8311e

 

三鷹天命反転住宅イン メモリー オブ ヘレン・ケラー 外観, 撮影:加藤健, 2016年

 

 

広い東京とはいえ、偶然にも同じ三鷹市というフィールドにそれぞれの想いを形にした建築が実現したのも不思議な縁と言えるでしょう。また、同じ地域にあることから、国内外の観光客や教育機関の見学旅行などで二つの建築物をセットで訪れる人たちも後を絶たず、世界に名だたる二人の偉大なクリエーターが次世代に伝えたかったことは、確実に草の根的に広がっています。

 

二人の建築に共通することは、外から見たときからワクワクし、中に入れば誰もがまず歓声をあげて笑顔になり、元気になることです。とはいえ、そんなシンプルなことが最も難しいのも事実です。

自然を畏れ、子どもの頃の感覚を持ち続け、人間として生まれてきた以上は地球に恩返しをする。二人の交友関係を通して、私たちが学び、伝えてゆくことは今こそ大切なのではないでしょうか。

 

宮崎さんは今日もアニメ映画をつくりつづけています。

アラカワさんは今、どうしているでしょう?

 

Yours in the reversible destiny mode,

 

荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 and Reversible Destiny Foundation

 

[テキスト:本間桃世]

Special thanks to Hayao Miyazaki and Studio Ghibli, Inc.

 

 

 

eb90e1b8485770bde29a5ed46b9a878a

 

三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー エントランス, 撮影:加藤健, 2016年

 

 

 

 

a80e40a89d09ee2cf7d5968b0ca490a1

 

三鷹の森ジブリ美術館 外観, © Museo d'Arte Ghibli

 

 

f8a7d2a2c1b726d4028c86f087a52c16

 

三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラーの屋上に登る宮崎駿さんと荒川修作, 撮影:本間桃世, 2005年