Home > Distraction Series > Distraction Series 1: 映画『死なない子供、荒川修作』

Distraction Series 1: 映画『死なない子供、荒川修作』

aaaqqwfq007-Madeline-and-Arakawa_008

Distraction Series 1: 映画『死なない子供、荒川修作』/ Children Who Won’t Die, ARAKAWA(2020年4月6日 公開)

 

みなさまへ

 

いつも荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所の活動にご支援・ご協力を賜りましてありがとうございます。

 

新型コロナウイルスの影響によって世界中が不安な時を過ごしている今日、私たち一人一人が繋がりを持つ様々なコミュニティーとの絆は心強い支えとなっています。荒川修作+マドリン・ギンス東京事務所、並びにニューヨークのReversible Destiny Foundationスタッフ一同、改めて皆様との絆に深く感謝申し上げます。

 

都市の封鎖や外界との断絶が強いられる状況の下、多くのアーティスト、美術館をはじめアート界では、新しい手法で芸術の可能性を発表し共有できる取り組みを始めています。荒川修作+マドリン・ギンス東京事務所とReversible Destiny Foundationも、皆様と荒川+ギンズが創造した様々な哲学やプロジェクトを共有したく、この度新しく隔週でニューズレター『Distraction Series』の配信を始めます。

 

本日お届けする第一号は、山岡信貴監督による2010年制作のドキュメンタリー映画『死なない子供、荒川修作』。荒川+ギンスによる身体と建築空間の相互作用のリサーチからうまれた東京の三鷹天命反転住宅を通して、彼らの思想を紹介します。荒川修作自身の語り、天命反転住宅の住民達へのインタビュー等をふんだんに含む80分のこのドキュメンタリーは、常にチャレンジングな空間が人間の体にどの様に影響するのか、そして生と死を深く考える機会を与えてくれます。今回、山岡監督のご厚意により今月から6月終わりまで下記のリンクから自由にご鑑賞いただけます。どうぞお楽しみください!

 

Wishing you all the best in the (remote) reversible destiny mode,

 

荒川修作+マドリン・ギンス東京事務所 & Reversible Destiny Foundation

 

 

Distraction Series 1:

映画『死なない子供、荒川修作』/ Children Who Won’t Die, ARAKAWA

本編: 80分 / 言語: 日本語 / 字幕: 英語

配信終了予定:2020年6月末日

 

テーマパーク「養老天命反転地」、死なないための住宅「三鷹天命反転住宅」、巨大な円筒建造物「奈義の龍安寺」など、奇想天外な作品群で世界中に大きな波紋を投げかけてきた荒川修作が、2010年5月19日午前0時35分、ニューヨークで急逝した。生前、自身の建てた「三鷹天命反転住宅」について荒川はこう語っている。「ここに住むと身体の潜在能力が引き出され、人間は死ななくなる」と。

常識を軽々と越えた荒川氏の言葉の数々をはじめ、宇宙物理学者・佐治晴夫氏のインタビュー、三鷹の“死なない家”で生活する人々の身体的変化、そこで生まれ育った子供の記録映像を織り交ぜながら、芸術・科学・哲学を総合した斬新な都市計画を構想するまでに至った荒川の全活動を振り返る本作は、全人類の誰もが想像すらできなかった世界の可能性を浮き彫りにするとともに、壮大な生命賛歌を高らかに歌い上げる。

 

Cast: 荒川修作、佐治晴夫、山岡遊眞、山岡想乃、三鷹天命反転住宅の住人

監督: 山岡信貴

音楽: 渋谷慶一郎

ナレーター:浅野忠信

 

DVDの購入はこちら

http://www.architectural-body.com/?p=5088