Home > EXHIBITIONS > Group Exhibitions > 森村泰昌のあそぶ美術史―ほんきであそぶとせかいはかわる―

Exhibitions

森村泰昌のあそぶ美術史―ほんきであそぶとせかいはかわる―

スクリーンショット 2020-02-12 17.55.33

 

スクリーンショット 2020-02-12 17.55.40

 

会期:2020/03/07~2020/05/10

会場:富山県美術館

出品作品:《Subject/And/Subjects/Verbing/The/Distance/ Forming》1978 《漂流物 標本函》の写真, 1974年頃



 

本展は、ゲストキュレーターに美術家の森村泰昌氏を迎え、当館のコレクションを使って大胆に構成した企画展です。時系列や技法等に区分する“一般的な”展示ではなく、「普通のコレクション展示は絶対にやらない、思い切った展示を考える。見え方の発想を変える。これらの試みを、〈あそび〉という三文字に込める。」という森村氏の考えのもとに開催します。

 

展覧会を6つの章―「第1章 ひっくりかえす」、「第2章 いたずらもたまには ちょっとやるといい」、「第3章 いしころの こえをきく」、「第4章 ちがっているから おもしろい」、「第5章 おおきなうちゅうは ちいさな はこのなか」、「第6章 ほんきでまねると ほんものになる」―に分け、当館のコレクションと森村氏のセルフポートレイト作品などを大胆な文脈で紹介します。

(美術館ホームページより)

 

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS