Home > NEWS > Events > 11/21 ワークショップ「荒川修作+マドリン・ギンズの現在:哲学と創造性」@ 立命館大学衣笠キャンパス

NEWS

11/21 ワークショップ「荒川修作+マドリン・ギンズの現在:哲学と創造性」@ 立命館大学衣笠キャンパス

スクリーンショット 2019-11-08 16.24.45

 

11月21日(木)16:20から立命館大学衣笠キャンパスにてワークショップ「荒川修作+マドリン・ギンズの現在:哲学と創造性」が開催されます。

関西大学東西学術研究所身体論研究会(荒川+ギンズ研究)より、三村尚彦 主幹、門林岳史 研究員、小室弘毅 研究員が参加いたします。入場無料・参加自由となっておりますので、みなさま奮ってご参加ください。

 

立命館大学人文科学研究所研究プロジェクト「間文化現象学と人間性の回復」のワークショップ「荒川修作+マドリン・ギンズの現在:哲学と創造性」

日時:2019年11月21日(木)16:20~

場所:立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

 

現代美術家で建築家の荒川修作(1936-2010)と、詩人のマドリン・ギンズ (1942-2014)は、共同で絵画、彫刻、詩作、映画などの制作に取り組み、その後建築の分野にまで活動を広げた。自分たちを芸術、科学、哲学を統合する実践者であるコーデノロジストCoordinologistと称し、身体と環境の関係を徹底的に変革する作業に取り組んだ。それは「建築する身体」「天命反転」といった独自の思想を提唱することで「死ななくなること」を目指した実践であった。 本セッションは、荒川+ギンズ研究の現在について、哲学、メディア論、身体教育学、ダンス理論/実践の側面から議論するものである。

 

【発表者】

三村尚彦氏(関西大学文学部教授)

門林岳史氏(関西大学文学部准教授)

小室マイケル弘毅氏(関西大学人間健康学部准教授)

木田真理子氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫性博士課程)

 

詳細はこちら

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/study/new_b19.html

 

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS