Home > A+G Studies > Lecture > 11月3日・4日「養老アートピクニック」に参加いたします

11月3日・4日「養老アートピクニック」に参加いたします

スクリーンショット 2018-10-05 16.27.35

 

11月3日・4日に岐阜県の養老天命反転地・養老公園にて行われるアートイベント「養老アートピクニック」に当研究班より小室弘毅研究員、岡村心平準研究員がワークショップの講師として参加いたします。他にも荒川+ギンズ東京事務所代表であり当研究員でもる本間桃世氏と元川崎市岡本太郎美術館学芸員・仲野泰生氏とのトーク「荒川修作と岡本太郎」や養老天命反転地ツアーなど盛りだくさんの内容となっております。
イベントは事前予約制となっておりますので、ご参加を希望される方はお早めのお申込みをおすすめいたします。

秋の行楽シーズンぜひ養老天命反転地に足をお運びください。

 

★イベント情報★
関西大学 東西学術研究所 身体論研究班 presents
「天命反転+マインドフルネス!」

医療、ビジネス、アート等の領域で注目を集めているマインドフルネス。マインドフルネスとは、身体を通して、いまこの瞬間の体験に意識を向ける技法です。関西大学の荒川+ギンズ研究プロジェクトチームが、そのワークをもとに全身をフルに使って養老天命反転地で新しい身体の可能性を探求するプログラムを開発しました。はじめて来た人も何度も来ている人も、今までとは全く違った体験になるはずです。養老天命反転地での新しい体験、新しい感覚をぜひお楽しみください。

 

日時:
11月3日(土)10:30〜12:30
11月4日(日)10:30〜12:30
定員:各回20名
対象:中学生以上一般

 

参加に当たってのお願い(注意事項):
地面に四足になったり、腰をおろしたり、転がったりすることがございます。
動きやすく汚れてもいい服装でご参加ください。
※ 着替える場所のご用意もございます。

 

program05_img02

 

講師:小室 弘毅(関西大学人間健康学部・准教授)
ヨガ、身体志向の心理療法等への関心から、身心未分の「からだ」を人間の学びと成長の要と捉え、ホリスティックな視点で「腑に落ちる」学びのあり方を探究している。

 

 

program05_img06

 

ファシリテーター:岡村心平(関西大学・神戸学院大学 非常勤講師)
身体感覚を重視する心理療法「フォーカシング」の観点から、教育・医療・産業領域などで臨床実践に従事。荒川+ギンズの思想による心身相関の新たな展開を構想する。博士(心理学)、臨床心理士。

 

イベント参加お申し込みは…
http://yoro-arts.com/program/05.php

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS