Home > NEWS > Media > 国立国際美術館ニュース 第221号

NEWS

国立国際美術館ニュース 第221号

スクリーンショット-2017-08-03-17.46.56

 

大阪の国立国際美術館の発行する「国立国際美術館ニュース」2017年8月号の館蔵品紹介の欄で、荒川修作の絵画作品《言葉のような線》を取り上げていただきました。学芸員の安來正博氏によるエッセイでは、今回の号のテーマであるマルセル・デュシャンとの関連において、荒川の作品が語られています。美術館のホームページからもPDF版がダウンロードできますので、皆様ぜひご覧ください。

 

国立国際美術館ニュース 第221号

http://www.nmao.go.jp/publish/pdf/news_221.pdf

 

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS