Home > NEWS > Events > [Report] 表象文化論学会第12回大会

NEWS

[Report] 表象文化論学会第12回大会

2017年7月2日、群馬県前橋市で開催された表象文化論学会第13回にて、身体論研究班メンバーがパネル発表『荒川修作+マドリン・ギンズ−−22世紀の身体論にむけて』を行いました。

 

研究班からは、司会の門林岳史氏をはじめ、発表者として三村尚彦氏、染谷昌義氏、稲垣愉氏の3名が登壇しました。またコメンテーターとして、長年にわたって荒川修作との対話者であった小林康夫氏(青山学院大学)にご登壇いただきました。
会場は満席で60名近い方々にご参加いただき、昨年から続けてきた研究活動を広く知って頂く機会になったと思います。

 

次回は7月29日に関西大学にてメディアアーティストの安斎利洋さんをお招きしての研究会が予定されています。こちらもぜひご参加ください。

 

 

IMG_4845
三村尚彦 主幹(関西大学)

 

IMG_4857
染谷昌義 委託研究員(高千穂大学)

 

IMG_4906
稲垣諭 委託研究員(東洋大学)

 

IMG_4909
司会 門林岳史(関西大学)

 

IMG_4928
コメンテーター 小林康夫(青山学院大学)

 

IMG_4884

 

IMG_4946

 

IMG_4969

 

たくさんのご来場、ありがとうございました。

 

 

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS