Home > EXHIBITIONS > Solo Exhibitions > 私的〔荒川修作+マドリン・ギンズ〕考 『ARAKAWA+GINSからの/への手紙』

EXHIBITIONS

私的〔荒川修作+マドリン・ギンズ〕考 『ARAKAWA+GINSからの/への手紙』

image

 

image-1

 

国際的芸術家・建築家、荒川修作+マドリン・ギンズの紹介展示および

高知で彼らと関わりのあった人物や、高知の食、医療、福祉についての

展示や紹介により、未来の高知をあらためて考える展覧会です。

 

会期:2015年9月2日から10月3日

時間:午前9時~午後5時

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)

会場:すさきまちかどギャラリー/旧三浦邸
(高知県須崎市青木町1-16 電話:050-8803-8668(9〜17時まで))

http://machikado-gallery.jimdo.com/

 

—-

 

主催:「ARAKAWA+GINSからの/への手紙」展実行委員会

企画協力:ABRF,Inc. (荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所)

後援: 高知県・須崎市・高知新聞社・RKC高知放送

協力:すさきまちかどギャラリー、高知医療学院、土佐自然塾有機の学校、
株式会社山下農園、株式会社無手無冠、イングリッシュガーデンハウス、
高知県立盲学校、ルミエールサロン、Laundry Japan、株式会社ABRF (順不同)

 

 

<関連イベントのおしらせ>

映画『死なない子供 荒川修作』上映会
(2010年、リタピクチャル、監督:山岡信貴)

日時:9月5日(土) 開場13時 上映13時20分~14時40分

会場:須崎市立市民文化会館 大会議室

高知県須崎市新町2-7-15  電話:0889-43-2911

定員:200名

料金:無料(当日直接会場にお越し下さい)

 

荒川修作+マドリン・ギンズ設計による世界で初めての集合住宅
《三鷹天命反転住宅》を舞台としたドキュメンタリー映画の上映をします。

 

トークショー「高知から世界を変える」~荒川さんの想いに答えるために~

日時:9月5日(土) 開場14時40分 開始15時~16時30分

会場:須崎市立市民文化会館 大会議室

高知県須崎市新町2-7-15  電話:0889-43-2911

時間:開場14時40分 開始15時~16時30分

定員:200名

料金:無料(当日直接会場にお越し下さい)

 

高知で交流のあった宮本省三氏(高知医療学院 学院長)、山下一穂氏(株式会社山下農園代表)と
荒川修作の数々の来高時に同行した本間桃世氏(荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所代表)によるトークショーです。

 

※定員数を超える場合、入場出来ない場合がございます。ご了承ください。

 

映画『WE–人間を超えていくために』上映会
(2011年、リタピクチャル、監督:山岡信貴)

日時:10月3日(土) 午前の回 11:00〜 午後の回 14:00〜

会場:すさきまちかどギャラリー/旧三浦邸

定員:60名(各回30名)

料金:無料(当日直接会場にお越し下さい)

 

『死なない子供、荒川修作』の姉妹作品であり荒川亡き後、
マドリン・ギンズへのニューヨークでのインタビューを中心とした
ドキュメンタリー映画『WE-人間を越えていくために』を上映いたします。

 

 

その他のイベントも多数開催を予定しております。詳しくは、実行委員会までお問い合わせください。

 

すさきまちかどギャラリー 公式ホームページ

http://machikado-gallery.jimdo.com/

 

 

関連記事

2015.09.04 荒川修作+マドリンギンズへの手紙【須崎市】(Walker+)

2015.09.09 高知県須崎市で故荒川修作さんの構想を紹介(高知新聞)

2015.09.11 高知)幻の「須崎市計画」を伝えたい 須崎で荒川修作展(朝日新聞)

2015.09.14 天命反転の都市計画! 荒川修作が見据えた「高知の未来」とは?(bitecho)

2015.11.15 「私的[荒川修作+マドリン・ギンズ]考」「ヨーロッパの写真家が出会った高知」「イノビオーダー555」ほか(artscape)