Home > WORKS > Thoughts > Catalogues > 荒川修作 宮川淳へ展

Thoughts

SKMBT_C25013081210220_22

荒川修作 宮川淳へ展

著者:荒川修作、マドリン・ギンズ ほか

サイズ:A4版、ソフトカバー

出版社:東高現代美術館

発売年:1990年

注記:展覧会期 1990年1月20日-3月4日

言語:日本語、英語

 

Contents

エピナール・プロジェクト制作ノート 荒川修作+マドリン・ギンズ

「絵を見ることへの問い」より 宮川淳

ふたたびジル・ドゥルーズの余白に 荒川修作によせて 宮川淳

<彼>のゆくえ 生井英考

宮川淳はそこに立っている 稲川方人

鏡の底を超えて 宇波彰

はてしなく、力をもたないパロル 宇野邦一

<空洞性>について(Ⅱ) 遠藤利克

マレヴィッチの憂鬱-空白の悪夢 岡崎乾二郎

影像のエニグマ 岡田隆彦

限りなく無限に近いグレー – Miyakawa-Arakawaへの追想 小林康夫

イマージュ(との間)へ 篠原資明

光の書物 鈴木了二

見ることの厚み 谷川渥

絵画の消滅 中村一美

恋の砂漠…… 丹生谷貴志

老化について 松浦寿夫

宮川淳と現代 三浦雅士

構築・非構築・脱構築…… 三宅理一

ARAKAWAのまわりで 本江邦夫

ほか