Home > WORKS > Thoughts > Others > 荒川修作の軌跡と奇跡

Thoughts

SKMBT_C25013081210220_11

荒川修作の軌跡と奇跡

著者:塚原史

サイズ:A5版、ソフトカバー

出版社:NTT出版

発売年:2009年

言語:日本語

 

buyamazon

 

目次

まえがき+本書の使用法

第一部 荒川修作の軌跡 仕事と人生

1 最初の衝撃-ラスコー洞窟から《三鷹天命反転住宅》へ

2 かびと棺桶と-ネオダダから日本脱出へ

3 ニューヨークとデュシャン-モダンアートの反転

4 マドリンとの出会いと「意味のメカニズム」

5 Pour ne pas mourir-Blankと「見る者がつくられる場」

6 We Have Decided Not To Die-《奈義の龍安寺》と《養老天命反転地》

7 《三鷹天命反転住宅》と「建築する身体」

終章 天命反転、その先へ-「死ぬことは法律違反です」か?

 

第二部 荒川修作の奇跡 天命反転、その先へ(荒川修作×塚原史)

よみがえる半世紀前の「奇跡」

東京からニューヨーク、ネオダダから「意味のメカニズム」へ

「天命反転」の試み-鑑賞の場から生活を変える場に

天命反転その先へ

常識を変えれば世界が変わる-二十一世紀の新しい産業をつくる

分析から総合へ-モダンとポスト・モダンを超えて

あとがき

 

付録

荒川修作の作品と出会える場所

アラカワ+ギンズ・キーワード

荒川修作 略年譜

荒川修作+マドリン・ギンズ 主要著作リスト

主要参考文献・資料