Home > NEWS > Others

NEWS : Others

5/11〜8/31(予定) 養老天命反転地より修繕工事のお知らせ

2015年5月11日~2015年8月31日(予定)まで、修繕工事を行なっております。
※天候により順延する場合もございますのでご了承くださいます様お願い申し上げます。

 

工事(塗装・補修工)に伴い、ご来園のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけます様、よろしくお願い申し上げます。
尚、修繕工事期間中のご入場は、団体料金とさせていただきます。

 

ご不明な点などございましたら、養老公園事務所まで、お問い合わせ下さい。

TEL 0584-32-0501

 

養老公園ホームページより転載

http://www.yoro-park.com/?p=633

 

反転地修繕箇所

2015/05/19

ロサンゼルスにてマドリン・ギンズのメモリアルイベントが行われます

スクリーンショット 2014-05-09 10.42.13

 

LACMA(ロサンゼルス・カウンティ美術館)&Poetic Research Bureauの共催で、今年1月に他界したマドリン・ギンズのメモリアルイベントが行われます。

3月29日にニューヨークのセント・マークス教会で行われたメモリアルには大勢の方々がいらしてくださいましたが、今回は西海岸、ロスアンゼルスの詩人の会が中心となってLACMAにての開催です。

 

A Landing Site for Madeline Gins

Saturday, May 17, 2014 | 2 pm


http://www.lacma.org/event/landing-site-madeline-gins

2014/05/09

荒川修作+マドリン・ギンズ 最新建築作品がニューヨークに完成いたしました!

dover2

 

2012年12月20日、ニューヨークにオープンした Dover Street Market New York (by Commes des Garcons)内に、荒川修作+マドリン・ギンズによる最新作、"Biotopological Scale-Juggling Escalator" が完成いたしました。

この作品はコム・デ・ギャルソン社とのコラボレーションによるもので、ロンドン、銀座に続いて第3店舗目となるニューヨーク店の内装の一部および3階フロアから4階に続く階段部分を天命反転プロジェクトとして担ったものです。

2008年のバイオスクリーブ・ハウス(イーストハンプトン、NY)以来、荒川+ギンズの建築作品としては5年ぶりの完成となります。

ニューヨークにお越しの際はぜひ Dover Street Market New York へお立ち寄りください!

 

作品概要

“Biotopological Scale-Juggling Escalator” (a model for a Lifespan Extending Module)


場所:Dover Street Market New York (160 Lexington Avenue New York, NY 10016)

http://newyork.doverstreetmarket.com/contact/index.html

 

プロジェクトについて、下記ホームページにてご紹介いただいております

Dover Street Market NY (公式ホームページ)

http://newyork.doverstreetmarket.com/dsmpaper/new_spaces.html

 

Fashionsnap.com

http://www.fashionsnap.com/news/2013-12-24/dsm-ny/gallery/index4.php

 

NY Times

http://www.nytimes.com/interactive/2013/12/08/t-magazine/making-of-dover-street-market-new-york.html?_r=1&

2013/12/24

荒川修作+マドリン・ギンズをめぐる オンライン国際カンファレンス開催

ag3

 

2010年3月12日~26日に第3回荒川修作+マドリン・ギンズ国際カンファレンスが開催されます。

2005年パリ、2008年アメリカ・ペンシルバニア、とこれまで2回開催されてきた国際カンファレンス。世界中の荒川+ギンズ研究者が一同に介し、彼らの活動についてさまざま側面から活発な議論が交わされてきました。

 

今回行われる第3回のカンファレンスは、さらにより多くの方にご参加いただけるようにオンライン上で世界同時の公開カンファレンスとなります。

 

すでにカンファレンスの公式サイト(http://ag3.griffith.edu.au/)がオープンし、3月のスタートに向けて急ピッチで準備が進められています。

 

聴講をご希望の方は上記サイトよりご登録(すべて無料)いただければ、カンファレンスの模様をリアルタイムでご覧いただけ、同時にチャットルームで他の聴講者と会話したり、発表者にご質問いただくことができます。

日本からは、今年NTT出版より刊行されました『荒川修作の軌跡と奇跡』のご著者である早稲田大学教授・塚原史氏、東京大学教授・池上高志氏、北海道大学名誉教授・大平具彦氏など、多数ご参加いただく予定です。

今世界中で活発に議論されている最先端の天命反転思想に触れるまたとない機会です。みなさまご登録の上ぜひご参加ください!

 

2009/12/10

荒川修作+マドリン・ギンズ 国際カンファレンスinペンシルバニア大学

アメリカのペンシルバニア大学で行われた荒川+ギンズ 国際カンファレンスの詳細がSlouht Foundationのホームページで発表されております。
当日のシンポジウムで使用されたレジュメや、音声データなどもお聞きいただくことができますので、ぜひご一読ください。

 

↓荒川修作+マドリン・ギンズ 国際カンファレンスについて
http://www.slought.org/content/11366/

2008/04/04

荒川+ギンズ 国際カンファレンス 詳細決定

以前より荒川+ギンズホームページでお知らせしておりますパリ第10大学で行われる荒川+ギンズ 国際カンファレンスの詳細がパリ第10大学のホームページで発表されております。 >> MORE INFOMATION

2005/09/25

紫綬褒章を受賞いたしました

荒川修作が紫綬褒章を受章いたしました。

2003/11/02

授賞式が行われました

3月24日に、「第10回日本文化藝術振興賞」の受賞式が、明治記念館にて行われました。写真をアップしましたのでご覧ください。受賞式には、マドリン・ギンズも来日しました。

 

nihonbunka1

 

nihonbunka2

 

nihonbunka3

 

nihonbunka4

2003/03/07

第10回日本文化芸術振興賞 受賞

皆様のご声援のおかげで「第10回日本文化藝術振興賞」を、荒川修作+マドリン・ギンズが受賞することが決定いたしました。主催する日本文化藝術財団より受賞理由が届きましたので掲載させていただきます。誠にありがとうございました。

 


■受賞事由
荒川氏は1950年代から活動をはじめ、身体と意識の流れを主要なテーマとした広範囲な現代芸術作品を発表してきた。62年よりマドリン・ギンズ氏と共同活動を始める。氏の実験的発表作品に見られる、人類の未来志向を考慮したテーマは常に注目され、国際的に認められる存在になった。その創作活動における実験と冒険、哲学的思考と、長年にわたる実績を認め、振興賞に選考した。

 


日本文化藝術財団

2003/02/12

1 / 11

ARAKAWA + GINS Tokyo Office
REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA

REVERSILE DESTINY FOUNDATION (NY)

About ARAKAWA + GINS